【子どもの日焼け対策】紫外線散乱剤がおすすめ?肌トラブルを起こさない方法

スポンサードリンク




子どもって本当によく日焼けしますよね。

夏場とか特にテーブルの色と変わらない位になっていたりしませんか?

女の子のお母さんは特に

『大人になっても黒いのが残らないかしら』

と頭を悩ませたりしますよね。

 

今回はそんな子どもの日焼けについて話をしていきたいと思います。

 

日焼けの影響ってあるの?

子どもはまだ肌がとても弱く、日焼けは肌のバリケードを壊してしまいます。

この日焼けをすることで、
子どもの肌の表面上は赤く腫れあがってしまったり、
水ぶくれなどができたりします。

また、体の機能の面においては免疫機能が低下したり、
紫外線角膜炎(雪目)になってしまったり、
充血してしまったり

全く良いことがありません。

そして、大人になってから紫外線の影響から皮膚にシワやシミなどの症状が出たり、
皮膚がんや白内障になる可能性が高くなるのです。

 

またWHO(世界保健機関)においても、
子どもの紫外線について以下のように定義しています。

・子供は成長が著しい状態にあり、
環境の影響を受けやすい子供時代(18歳未満)の日焼けは、
後年の皮膚がん発症のリスクを高める

・子供は生涯に浴びる半分の紫外線を18歳までに浴びてしまう

 

このようなことを、世界保健機関が述べている位なので、

やっぱり自分の子どもには日焼けをしてほしくないですよね。

 

でも、外で遊ぶ時や普段の日常生活において

日焼けはきってもきれない関係ですよね。

 

どんなに大人になってもが気を付けても、子どもは日焼けしてしまう…

そんな時には子どもの日焼け止めも使用してみるといいと思います。

 

日焼けをする時間帯とは?

紫外線が1番多い時間帯は10時~14時です。

また紫外線が多い季節は夏場と思ってはいませんか?

実はそれは大間違いなのです。

 

紫外線は一年中あるのです。

 

そして特に紫外線が強い時期は、

夏場ではなく、すでに春からもう始まっているのです。

 

子どもの日焼け止めとは?

そんな子どもの日焼けを防ぐために最近では、

子どもの日焼け止めも売られるようになってきましたよね。

 

私たちの時代は日焼け止めなどなく、夏になれば真っ黒になり

最近は本当に便利な世の中になったなと感じます。

 

そんな子ども用の日焼け止めですが、

種類も豊富で値段もリーズナブルなものから高級志向のものまで様々です。

 

どんなことに気を付けて選ぶべき?

子供の日焼け止めは、

SPF・PA値の数字、
作られている成分、
そしてもっとも大切なのは「落とし方」です。

 

このSPFとPAは数字が大きいと安心、ということではないのです。

 

子どもの年齢や使用するシーンによって

合ったSPFとPAの種類の日焼け止めを選ばなければ、

肌トラブルになりかねません。

  1. 日常生活は10~20、
  2. 短時間の外出は20~30、
  3. レジャーなどで海や山に行くなら40以上

 

これを目安に、日焼け止めを使うことをおすすめします。

日焼け止めはどんな成分が入っているの?

日焼け止めには、

紫外線散乱剤、

もしくは紫外線吸収剤

というものが入っています。

この紫外線吸収剤というものは、石油由来成分が入っています。

 

そして紫外線散乱剤使用の日焼け止めには、

ノンケミカル・オーガニックと記載されていて、

紫外線吸収剤より紫外線散乱剤の方が

肌への刺激が少ないと言われています。

 

紫外線吸収剤使用の日焼け止めは、

SPFやPAが高いものが多いので、

パッケージの裏の成分もしっかりと見て選ぶことが大切です。

 

日焼け止めの落とし方は簡単なものに!

 

日焼け止めを落とす方法は

お湯・石けん・日焼け止め専用のクレンジング

を使うという方法があります。

 

子どもは短時間で、いかに綺麗に日焼け止めをおとすかが大事になっていきます。

子どもは塗られたり、
洗われたりといった
顔を触られることを基本嫌がる。

なので、こういう面においても日焼け止め選びで大切になってきます。

 

肌トラブルになってしまったらどうする?

私の子どもは夏場になるとなぜか湿疹が出るので、

汗疹かな~なんて単純に考えていたら、

この湿疹がどんどん広がってきました。

 

おかしいなとは思いつつ、様子を見ていたのですが、

手、足、顔と数も増えてきた。

 

慌てて皮膚科へ駆け込みました。

すると、なんと原因は日焼け止めだったのです。

 

夏場なので毎日外出するときに塗っていたのですが、

まさか日焼け止めが原因とは思ってもみませんでした。

 

結局、皮膚科で処方された薬で湿疹が完治するのに1ヶ月ほどかかってしまいました。

 

まとめ

子どもの日焼けについて

  • ・紫外線の影響は大人になってから出る
  • ・日焼けは10時から14時の間にする
  • ・子どもの日焼け止めは使用する各シーンによって選ぶこと
  • ・紫外線吸収剤より紫外線散乱剤の方が』肌への刺激が少ない
  • ・日焼け止めの落とし方は簡単なものをえらぶこと
  • ・日焼け止めは肌トラブルになる可能性もある

かわいいわが子には、やっぱり大人になってから肌トラブルで悩んでほしくないですよね。

実際問題、子どもにとって日焼けは肌に悪影響を及ぼしますが、

またその日焼けを防ぐ日焼け止め自体も、

子どもに合った日焼け止めを使わないと肌トラブルが起きてしまうのです。

 

なので、しっかりとお母さんは子どものために、

年齢や日焼け止めを使うシーンなどを考慮しながら、

子どもさんに合った日焼け止めを選んであげてくださいね。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です