【着れなくなった子ども服の処分】うだうだ悩むより先にやるべき3つのこと




あなたは子ども服の置き場所に悩んでいませんか?

子どもの成長は思ったより早く、

服はワンシーズンでサイズが変わってしまいますよね。

着終わった服の置き場に困ります。

今や定番の着終わった服を活用する方法を改めてまとめてみました!

 

服を活用できる3つの方法

1.フリマアプリで売る

フリマアプリは自分の好きな値段で売ることができるので、

ちょっとしたお小遣いになります。

手数料がある、なしのアプリがあるので自分に合う方を選べます。

送料込みで出品した方がうまく売れる気がします。

そのことを考えて値段設定しましょう。

荷物を包装してコンビニや営業所に持っていき発送します。

この作業が大変な方は集荷もあります。自分に無理のない方法を見つけてやりたいですね。

赤ちゃん、子ども服は少し汚れがあったりする服もあると思います。

気持ちのよい取引のために、

詳細をきちんと書いて画像も載せておきましょう。

ひとつひとつ丁寧にしたら、のちに評価にも繋がります。

評価がいいとまたいい取引に繋がり、自分にいい形で返ってきますよ♪

 

2.買取サービスに査定して買取してもらう

自分で包装したり発送する時間がないならおすすめです。

お店に行かなくても宅配買取サービスがある企業が多いです。

ダンボールに詰めて送って査定してもらうことができ、

時間の拘束が少ないのでいいですよね。

ただ、値段を決めるのはお店側なので希望通りにいくかは分かりません。

ブランドものが取引しやすいです。

私はブランドの服があまりなく、リサイクルショップにいきますが、

捨てるよりはいいという感じの値段です。高値を希望の方にはオススメしません。

あと保育園などで名前付きのタグがあるとダメなとこがほとんどだと思います。

もしのちに売りたいと思っている方は、

名前を書く際、残らない方法でやるべきです。

 

3.寄付したり、リメイクする

本当に必要としてる子どもたちに譲りたいと思ってる方には寄付があります。

ネットを調べれば多数の企業が出てきます。

海外に届けてくださるところや、

国内で活用してくださるところ、調べると出てきます。

ブランドも名前を書いてしまったタグも関係なく、

服が着れる状態であればまた着てくれる子どもがいます。

今では服が溢れてる日本です。

しかし子どもにはそれが当たり前ではなく、

ありがたいことだということを教えたいです。

また、着終わった服を切り出してリメイクして残せます。

思い出のある服を違う形にして手元におければ嬉しいですよね!

私は娘のサイズアップしたワンピースで赤ちゃん長男のスタイを作りました。

自分が着終わった服の整頓も一緒にして、

服がどうなっていくか子どもと一緒に体験するといいと思います。

 

まとめ:どんな形でも服を大事に!

  1. フリマアプリで売る
  2. 買取サービスに査定してもらい買取してもらう
  3. 寄付したり、リメイクする

自分に合った方法で服を大事にしたいですね!

そして子どもにもそのことを経験させることで受け継がれていくと思います。

本当の意味でオシャレでありたいですよね!

スポンサードリンク