【片付けが苦手な人必見】いつの間にか部屋の床面積が広がる3つの方法




簡単! お片付け!

  • 部屋をキレイにしたいのになかなかうまくいかない人
  • キレイにしたのに、すぐに散らかってしまう人

あなたはそんな悩みを抱えていませんか?

かく言う私も、片付けが苦手な人間です……。

でもそんな私でも、ラクラク片付け上手になれた3つの方法をご紹介します♪

 

簡単片付けその1 1日5個ゴミを捨てましょう。

 

・片付かない人の問題1

『床にゴミを置いてしまう』

心当たりありませんか?

床じゃなくてもソファーだったりベッドだったり…。

まずは、1日5個ゴミを捨てましょう。

1日5個で良いのです。

ゴミなら何でも良いのです。

とりあえず5個です。

毎日やれば必ずゴミは無くなります。

毎日5個もゴミを増やす人は居ないでしょう(たぶん。。。)
5個のゴミが見つからなくなったら次は不用品の処分です。

 

楽々片付けその2 試供品と紙袋を捨てる

・片付かない人の問題2

『物が多い』

私も『捨てられない人間』なので物がどんどん増えていきます。

片付ける場所が無くなり溢れて部屋が散らかります。

「試供品」だったり「紙袋」だったり。たまっていませんか?

試供品で使っていないものは、使用期限などもあります
使って体に異常が出ても困ると思うので捨てましょう。

試供品ならいつでももらえます。

そして、紙袋。
いつか何かに使うと思って取って置きがちです。
でも意外に使わなくてどんどん増えますよね。

コレは大きさと枚数を決めてお気に入りだけを残します。
いつでもどこでも手に入るような袋は捨てていきます。

いつでも手に入るものはどんどん増えていく物です。

 

その他の片づけ。これは少し前から流行っている『断捨離』。
やっぱりオススメです。

『断捨離』と聞くと「どうしても捨てないといけない」
という気持ちになってしまって躊躇してしまう。

すぐに捨てなくても大丈夫です。

まずはダンボールを用意

  1. 「よく使う物」
  2. 「たまに使う物」
  3. 「使っていない物」

に分けていきます。

「使っていない物」は、きっと存在自体を忘れていた物がほとんど
きっと捨ててもすぐに買えるものだったりします。

でも、どうしても捨てる決意ができない物は
とりあえず「あまり使わない物」の中に入れておきましょう。
そして半年〜一年使わなかったら捨てましょう。

少し物を捨ててみると部屋がちょっとすっきりしてきます。

ここで疲れたらその日は終了。
無理に続けて続かないと結局元に戻ります。
片付けは習慣なので続けるのが大事です。

 

楽々片付けその3 100均でボックスを買ってきて小物家電の定位置を決める

・片付かない原因3

『使った物を元に戻さない』

コレです。
戻さないものの中には「よく使う物」が多いのではないでしょうか?

  • テレビのリモコンを使ったらその場に置いてしまう。
  • 部屋でドライヤーを使ったらそのままにしてしまう…etc

どうしても座っている所からあまり動かないで色々したいと思うでしょう。

でも「あった場所に戻す」という行動だけで見違えるくらい片付きます。

まずは、テレビのリモコンの位置を決めましょう。

リモコンを元に戻すのに慣れたら、次はドライヤー。

使ったらコードをまとめてしまう。一つずつしまう事に慣れましょう。

慣れたら片付ける物を増やしていきましょう。

「よく使う物」は定位置を決める!

 

まとめ たった3つの意識で、床が見える!

床が見える生活って良いですよ。

散らかってると精神的に不安定になりがちでイライラする事が多かった私。

それが、床が見えて部屋の広さを目にすると、心に余裕が生まれました。

まずは「1日5個のお片付け」から、片付けマニアになりましょう♪

スポンサードリンク