【まだ間に合う!】家事をしているだけで夏までにお腹がぺたんこになる方法




冬の間に蓄えたお腹のたぷたぷ…(;^_^ 

夏までにどうにかしたくないですか?

そこで、ここでは 家事をしながらでも出来る3つのお腹の引きしめ方をご紹介しちゃいます!

 

1 腹式呼吸を意識する

まずは呼吸法を見直してみませんか?

毎日24時間しているのに意識したことってあまりないですよね?

腹式呼吸とは鼻から吸って口から吐く呼吸法のことです。

難しそうだけど、全然そんなことないですよ。赤ちゃん産むときもこの呼吸法を習いますね(^^♪

洗い物をしながら、背筋を伸ばして腹式呼吸!鼻から思いっきり息を吸ったところでそのまま30秒キープ!

これを洗い物をしながら、ドライヤーをかけながら、お化粧をしながらするだけ!

すごく簡単でしょう♪

 

 

2 料理しながらウエストをひねる

料理してる時って火から離れられませんよね?でもフライパンの前でボーっとしている時間って意外と多くないですか? 私だけ…(笑)?いや、皆さんボーっとしてるはず!

チャンスです!

そんなとき、ウエストに手を置いて腰は固定。そのまま上半身だけ右に左にひねる!

これだけです。はい、これも簡単ですね♪

 

3 気づいたときにお腹を凹ませる

さいごに一番簡単で一番効果がある!…と私が思っている方法です。

もうこれは、方法とかいっちゃいけないレベルなんでしょうが、本当に効果があるんです(@_@)

起きた時、テレビを見てるとき、歯磨きしている時、寝る前…とにかく気づいたらいつでも!

お腹をギューッと凹ませておく。それだけです。

 

それだけなのに、何日か経つと 『あれ?なんかお腹うすくなってきてない?』

よしっ!続けよう♪ また、お腹ギュー! あれ?いい感じ♪ ギュー!

って感じでどんどん凹ませちゃう♪

これのいいところはとにかく簡単なことです。だからなかなかダイエットの続かない人にもおすすめですよ!

 

まとめ

  • ・腹式呼吸を意識して、吸ったときに30キープ!を一日に何度かする。
  • ・腰に手を置き下半身は動かさないで、上半身だけ左右にひねる。
  • ・とにかく気が付いたときにお腹を凹ませる。

 

どれも、今からでもすぐに始められる簡単な ”ながら運動” です。

大事なのは、いつもお腹を意識しておくということでしょうか?

引きしまったぺったんこお腹を手に入れて、きらっきらの夏を過ごしましょう♪♪

 

 

スポンサードリンク