【どうして食べてくれないの?】2歳児イヤイヤ期でもご飯を拒まない3つの方法

スポンサードリンク




あなたは子供がご飯を食べてくれなくて悩んでいませんか?

 

子供が成長し自我が芽生えてくると食事の時の苦労が増えますよね。

原因はいくつかあると思いますが、体調が悪かったり苦手なものが入っている場合以外には

食事に飽きてきたり、ご飯の時間がつまらないと感じていたり、まだ遊び足りなかったり…という場合が多いです。

それも時間がないときに限ってそうなってしまうんですよね(はあぁぁ)

私は現在二人の子供の育児真っただ中で、上の子がちょうどイヤイヤ期の二歳児です。

 

日々の生活のなかで私が実践して効果があったご飯を食べてくれないときの解決法を紹介していきます☆

 

なかなかご飯を食べない子供がもぐもぐ食べてくれる3つの方法

 

1.味付けを子供に選ばせてみる⇒ご飯に主体的に関われば食べる!

この方法は1歳過ぎくらいの子供に効果的です!

味付けといってもご飯にかけるふりかけや

食パンに塗るクリームを選ばせてあげる程度で大丈夫です☆

まだ言葉が話せない子供には、いくつかの種類を見せてあげて「どっちがいい?」ときくと

指をさして教えてくれます。

朝ごはんや昼ご飯の時はこの方法を試すとスムーズに食べてくれるようになります☆

 

2.歌を歌いながら食べさせる⇒ごはんが楽しくなれば食べる!

食事中に歌!?と思うかもしれませんがもちろん普通の歌ではなく

子供番組などでかかっているご飯を食べる系のものです。

歌といってもメロディーなんてなんでもいいんです(笑)

なんならママオリジナルご飯ソングを作っちゃいましょう♪

「モグモグカミカミ♪」というように子供がわかりやすい言葉を楽しい感じに口ずさみます!

そうすると楽しくなってきて口の動きも軽やかになってきます☆

ママもニコニコ、子供もニコニコで楽しい食事タイムになりますよ!!

 

3.一度食事を終わらせてみる⇒食べたくなれば食べる!

今まで紹介した方法でもどうしても食べてくれない場合には一度ごちそうさまをして片づけてしまいましょう。

一度取り上げられると子供自身が

「本当はまだ食べたかった…」と気づき食べたがってきます。

そうなったらもう一度食事をスタートしましょう☆

一度食事を終わらせることで気分転換にもなり、

ご飯を食べることに飽きて、遊び始めてしまった子供も気を取り直して食べ始めることができます♪

もちろん体調が悪かったりした場合には無理に食べさせたりせず、消化のいいものや水分を取らせ様子を見ましょう。

 

まとめ:食事=楽しい時間にする

  1. 「味付けを子供に選ばせてみる」
  2. 「歌を歌いながら食べさせる」
  3. 「一度食事を終わらせてみる」

 

ぜひ試してみてください♪

スポンサードリンク