【子育てで眠れないママへ】ほんの少しの生活習慣でぐっすり休める5つ方法




簡単に眠りにつく方法ないの!?

 

毎日忙しい中、夜になるとなかなか眠りにつけない

そんな時に役立つ5つの方法をお伝えします。

 

寝不足の夜が続くと

  1. ・朝起きた時に頭が痛くなる
  2. ・記憶力の低下
  3. ・免疫低下
  4. ・午後に集中力がなくなる
  5. ・肌荒れ
  6. ・何でもないことにもイライラしてしまう。

 

などと、良いことなんて全くないです。

 

特に、子供に何でもないことで

イライラしてしまったら、子供も不安定になってしまいます。

 

では、どうしたら眠れるようになるか、次のいくつかのポイントを読んでみてください。

個人差はありますが、5番目は海外でも行われている方法です。

 

是非、参考にしてみてください。

 

簡単に眠りにつく5つの方法

1、寝る前3時間前は食べない。

人間は食べたものを消化するのに、食べたものにもよりますが

3~5時間はかかります。

遅くに食べると、次の日消化不良で残ったものが胃もたれなどを おこします。

後は、胃が動いているので脳も働き、自分は寝ているようでも

脳は休むことができません。なんとなく疲れてしまいます。

実は、寝る前4,5時間前に食べて寝ると、ダイエット効果があります。

寝ているときは、エネルギーが必要ではないので、そんなに食べなくても体には悪くありません。

どちらかというと、朝食、昼食をしっかり食べる!これが大事です。

体重が気になる方は、試してみてください。

 

早く結果を出したい方は

夕方6時には食事を済ませる。三日間続ける。そして体重計に乗ってみる。

一石二鳥です。

寝る前本を読んだり、リラックスしましょう。

 2、コーヒー、カフェイン入り飲料は 午後3時まで。

一般的にカフェインが体の中からなくなるまで、6時間はかかる。

個人差はあると思います。

カフェインは神経を興奮させる作用があります。

 

摂取しすぎると健康にもあまり良くないので気をつけましょう。

  •   コーヒー約100mlあたり カフェイン 60mg
  •   紅茶  約100mlあたり カフェイン 30mg

と、紅茶にもカフェインは入っていますので、寝る前には紅茶も控えましょう。

3、 夜中に目が覚めても 時計を見ない。

目が覚めてしまった時に、時計を見てしまうと

  •    「後○時間しか寝れない」
  •    「まだこんな時間」

 

などと不安になり、余計に眠れなくなります。

 

目が覚めてしまったので、スマホや、パソコンを見るのは脳が覚めてしまう

携帯などから出ている光が目の奥まで吸収されますので、

興奮したり、目が悪くなったり、疲れる原因になります。

 

本当はスマホなどは、寝る1時間前に切ったほうが良いのですが、

今の時代、なかなか難しいかもしれませんが、眠れない方は是非試してください。

 4、布団に入って20分以上眠れないとき一度起きる。

寝ようと布団に入っても、いろいろなことが頭を悩ませ、

20分以上なかなか眠れないとき。

 

一度起きてから不安なことをノートに書きましょう。

明日の弁当は何にするか。。。とか、悩みがある方も書き出しましょう。

足元が冷たくなると目が覚めてしまうので、冷やさないように注意してくださいね

 5、 4.7.8呼吸法

上記4っの方法を試しても、なかなか結果が得られないときは、

次の方法を試してみてください。ヨーロッパで使われている方法です。

  •     1.くちから大きく息をはく。肺の中の空気を出す感じで。
  •     2.口を閉じ、秒数えながらゆっくりと鼻から息を吸い込む
  •     3.息を止める!!秒間
  •     4.その後、秒間かけてゆっくりと息を吐く。

 

この工程を 3回繰り返すと1分間ぐらいになります。

3回で眠れない方は何回か繰り返してください。

 

この呼吸法は世界中で知られている方法です。

研究結果も出ていて、精神を落ち着かせ、興奮状態から解放されます。

簡単に眠りにつく方法 まとめ

1、寝る前3時間前は食べない。

2、コーヒー、カフェイン入り飲料は 午後3時まで。

3、夜中に目が覚めても 時計を見ない。

4、布団に入って20分以上眠れないとき一度起きる。

5、4.7.8呼吸法

 

以上です。

特に5番は、リラックスする方法で、鬱の改善にも使われています。

試してみて、みなさんの毎日が 気持ちのよい日々になりますように。

スポンサードリンク