【お部屋がゴチャゴチャ】育児中の片づけが大変でもスッキリ綺麗になる3つの方法




育児中のお部屋は何回片付けをしても散らかる。

片付けてはまた別の場所でぐちゃぐちゃ・・・!(泣)

これは毎日になるとうんざりしますよね。

育児をするようになって、ズボラだった私は人が変わったように掃除が特技になり、少しゴミやホコリが気になってしょうがなくなりました。

散らかっているとすぐに片付けたい!だけど毎日だとめんどくさすぎる。

どうやったら楽になるのかと悩みに悩んで、たどり着いたとっておきの方法をご紹介します。

 

お部屋をキレイにするポイント

 1、綺麗な状態を保つ=楽になる

毎回100%の労力を使って掃除をしていたら相当疲れますよね。

1日数分10%の労力で、ついでくらいの気持ちで掃除する習慣が身につくと苦になりません。

 2、必要なもの以外家に持ち帰らない

物が増えるとそれだけでごちゃごちゃしがちです。

「いつか使うかもしれないもの」は使わないことが多いです。

必要なもの以外買うことがなくなるので、節約にもなります。

 

実践する価値アリ。すぐに始められる部屋をスッキリさせる方法

①「とりあえず置き場」を作る

道でもらったチラシやお店のパンフレット、ティッシュ、郵便物、ペンなど、どこでも置いていませんか?

このような小物類を机の上やカウンタ-に置いてたら、すぐにごちゃごちゃしてきますよね。

そんな時、ジャンルにかかわらず「とりあえず荷物を置くスペース」をつくります。

お部屋に置いているとどうしても散らかって見えるので、クローゼットの中のようなサッと隠せる場所がいいです。

片付けたいけど時間がない時に仮置きしたり、急な来客でもサッと隠せるのでかなり重宝します。

しばらく溜めても、必ず定期的に空にするようにしてくださいね!

 

②細かいものは、透明の小分け袋とファイルケースでで見やすく楽チン収納

ビーズや折り紙、画鋲やクリップ、クレヨンマスキングテープなどバラバラするものは、100円ショップで購入できる事務用のチャック付き小分け袋がおすすめです。

中身が見える上、袋なのでかさばりません。

小分け袋に分けたものは、ファイルケースにポイポイ入れてひとまとめにします。

これだけで見やすいし、かなりスッキリります。

これは他にもたくさん応用できると思います。

 

③「吊る」が意外に役に立つ

うちでは、服を畳むのが面倒なのでほとんどハンガーで吊るします。

洗濯で干して、乾いたらたそのまクローゼットにINできるので本当に楽です。

ついでにシワものびる!

他にも突っ張り棒と洗濯バサミ付きフックを利用して、テッシュケースや掃除道具などなんでも吊るします。

床にものを置かないから掃除機や拭き掃除がスイスイできるのも最高ですよ。

 

まとめ

  • ①とりあえず置き場を作る
  • ②細かいものは、透明の小分け袋とファイルケースでで見やすく楽チン収納
  • ③「吊る」が意外に役に立つ

 

私も以前はものが捨てられず、結構溜め込んでました・・・(笑)

妊娠をきっかけに断捨離をしてたくさんのものを処分しましたが、

終わってみれば必要なものだけになって本当によかったです。

 

古いものを手放すと新しいものが入ってきます。

部屋がきれいになると気分も運気も上がりますよ。

最初から完璧を目指さなくても自然とできるようになっていくので、ぜひお試しください!

スポンサードリンク