育児中でもへっちゃら!簿記検定3級に独学で一発合格するための勉強法とテキスト選び




独学で簿記検定3級にチャレンジしたいけど、本当に受かるのかな?

 

半信半疑の方も多いのではないでしょうか。

合否の鍵を握るのは…実はテキスト選び!

 

これさえ間違えなければ、合格がグッと近づきます。

子育てをしながら96点で一発合格した勉強法とテキスト選びをこっそり伝授します。

 

合否の鍵はテキスト 一発合格を目指すならこの3冊で決まり!!

 

1冊目はコレ! TAC出版「スッキリわかる日商簿記3級」

まずは、テキストを読んで知識をつけていきます。

ゴエモン君という簿記初心者の猫が主人公で、物語を読んでいるような感覚で学ぶことが出来ます。

初めて簿記を勉強する人でも理解しやすい表現が多く、

カテゴリー分けが細かいので後で読み返す時も楽!

知識を深めながら、テキストの途中で出てくる問題も解いていきましょう。

 

この段階で問題が解けなくても、つまずいても心配ご無用!

「あー分からない所があったな」程度で平気なのでテキストを読み返してから先に進んでいきましょう。

後々テキストを何度も読み返すことになるので、1冊目が完璧になるまで2冊目に進めないという考えは持たなくてOKです。

むしろ、2冊目に進まないと簿記検定の全貌を暴けません!

 

2冊目はステップアップ! TAC出版「合格するための過去問題集日商簿記3級」

テキストを一通り読んだら、過去問で出題方法をチェック!

3級は、大きく分けて5題に分かれているのですが、このテキストはどのように出題されるか?をカテゴリー別に徹底解説してくれます。

そう!過去問と解答だけのテキストではないんです。

それに加えて、3級で出てくる勘定科目一覧がついているので自分でまとめる必要なし!

暗記をする時に役に立ちますよ。

 

過去12回分の問題が出来るので、これを3回転くらい解きます。

私が初めて過去問に挑戦した時の点数は、なんと10点以下!

もうやめようかな…何度も挫折しそうになりましたが、ある日突然60点、70点取れるようになっていきます。

まだまだ分からない所が多くても平気!

苦手だなと思えるカテゴリーが分かるようになっただけでも成長です。

解答とテキストをよく読むことを大切にしてみてください。

 

3冊目は最終仕上げ! TAC出版「日商簿記3級 網羅型完全予想問題集」

日商簿記は、平成28年度から出題範囲が大きく変更しています。

新しい問題が多くなることが予想されるので、過去問12回分では心配!と思った私は予想問題集も購入しました。

 

この問題集は、問題と解答用紙が取り外せるようになっていて紙の素材や表紙などが本番と同じ形式になっています。

 

模擬試験のような感覚で解けるので緊張しやすいという皆さんにもオススメ!

 

過去問題集では合格ラインを越えていたのに、この問題集を初めて解いた時は20、30点しか取れず、難易度が高い!!

でも、解答を何度も読んでゴエモン君のテキストに戻り、解答を覚えるくらいの勢いで取り組むと…

やっと簿記の一巡した流れや関連性、テキストの意味が分かるようになったのです。

自信をつけたいなら絶対に選んでもらいたい問題集です!

 

この予想問題集を解いていなければ、不合格だったか、

よく理解出来ていないまま合格だったかと思います。

 

まとめ この3冊を徹底的に勉強すれば合格間違いなし!

  1. テキストで知識を学ぶ
  2. 過去問題集で出題方法をチェック
  3. 予想問題集で本番に備える&難題対策
  4. 分からない時はテキストに戻る&解答をよく読む

 

これを繰り返すことで、
簿記の知識を深堀り出来て合格ラインの70点を楽々クリアすることで出来るはず!

簿記検定は年に3回受けるチャンスがあるので、前向きに勉強してみてください。

皆さんが合格に近づきますように!

スポンサードリンク