【毎月5000円も貯められない】1人暮らし低賃金でも100万円貯金を現実化する3つのステップ




「お金が貯まらない・・貯金ができない・・」と悩んでいませんか?

 

節約をすればいいと思うけど、なかなか思うようにいかない・・と嘆くあなた。

お金が貯まらない女性の特徴として

  • 「衝動買いをしてしまう」
  • 「誘われると断れない」
  • 「月の使える金額が把握できていない」

など色々と原因はありますが、まずはこの3つの方法で今より確実にお金が貯められる人になれますよ!!

めざせ年間100万円貯金!簡単に節約できる3つの方法

 

その1.使える分のお金だけを財布に入れよう!

貯金が出来ない人はだいたいの人が使えるお金の把握が出来ていません

無くなったら銀行から引き出すような使い方の人はお金は一向に貯まらず、逆に気づいたら無くなっていた…なんて事もあるのではないでしょうか?

まずは1ヶ月に現金で使えるお金を一括で銀行から引き出します。(貯金額を残して)

それからさらに「食費」「日用品」「雑費」「美容」・・など項目ごとに分けていき、財布に仕切りなどを作って入れておきます。

そうすることによって残りの使えるお金が一目瞭然でわかりますよね!

これで使いすぎずに済みますよ!

 

その2.「必要なもの」と「欲しいもの」を分類し買い物上手になろう!

買い物をする時に、「必要なもの」と「欲しいもの」の区別をつけると考える力がついて欲だけで物を買わずに済むことができます。

「欲しい!」と思った物は実際必要なものなのか、買って使い道があるのかなど、いったん一息おいて考えてみましょう。

ただその場の衝動で欲に負けて買ったとしても結局使わなかった、必要なものではなかったと無駄なお金の出費になってしまいます。

たとえバーゲンセールの物でも同じです。

安い=買うではなくて、それが本当に「必要」なのかを見極めることが大切です!

 

その3.コンビニやドラッグストアの通い買いはやめよう!

私達の身近にあるコンビニやドラッグストアは何でも揃う便利なお店ですよね。

それがお金を使いすぎる落とし穴になってはいませんか?

「コンビニスイーツ」や「限定品」といった目に止まるものばかりのコンビニや

ドラッグストアも最近では食料品や日用品まで全てが揃う場所です。

「ついつい買い」をしてしまうのも無理はないですね・・

食品はなるべくスーパーでまとめ買い!コンビニ通いは避ける!といった自分へのルールをつくりましょう!

ほんの数百円でも塵も積もればです。

1か月後のお金の貯まり方が変わりますよ!!

 

まとめ:100万円は夢じゃなくて現実です

 

  1. 「使える分のお金だけを財布に入れよう!」
  2. 「「必要なもの」と「欲しいもの」を分類し上手になろう!」
  3. 「コンビニやドラッグストアの通い買いはやめよう!」

 

日常のお金の使い方をほんの少し変えるだけで一日に使う金額が歴然と変わります!!

そして1週間後、1ヶ月後、1年後、「気づけば無くなっていた」から「気づけば貯まっていた」に変わるはずです!!

スポンサードリンク