【引っ越し決まったらするべきこと】何すればいい?段取りが3倍スムーズになる3つの作業!




引っ越し決まった…で、何すれば良いの⁉︎

 

旦那さんの転勤やマイホーム購入など、引っ越しが決まった。

でもまず何から手をつけたら良いの?

引っ越し屋さんも決まり、引っ越し日も決まってやることがいっぱい、どうしよう!

 

そんなあなたに必読!

3つの作業をおさえれば、引っ越し作業がサクサクです!!

 

引っ越し作業をサクサク進める3つの作業

1. まず水道、ガス、電気会社に連絡しましょう!

今お使いの水道、ガス、電気会社に連絡し、最終使用日を伝えましょう。

時間を聞かれる場合は、余裕を持って。

予定の引っ越し作業終了時刻の数時間後の時刻。

これを伝えた方が良いです。

 

引っ越し作業が長引いた場合、

先に電気が切られ、

最後に掃除機がかけられず

 

困ったなんてことになります…。(なりました……)

 

同様に引っ越し先の水道、ガス、電気会社に連絡し使用開始日を伝えましょう。

引っ越してきて使えないと困りますよね。

 

2. 物を捨てましょう!

使ってない物はガンガン捨てましょう。

大きいものはスペースをとります。

 

考えるコツは

「引っ越し先に置けますか?」

 

今より収納スペースが狭い場合もあります。

2年使ってない物はこれを機に捨てちゃいましょう♪

 

粗大ゴミに該当するものは、近くにリサイクルショップへ。

処理代金をおさえることが出来ます。

 

ただ、買い取ってくれるかはリサイクルショップによります。

事前に連絡しておくことをオススメします。

3. ダンボール部屋を決め、使わない物から詰めましょう!

あまり使用しない部屋があればその部屋を、

無ければ各部屋の空きスペースにダンボール置き場を決めます。

それから、詰めたダンボール箱で埋めていきましょう。

ダンボールタワーを写メで撮っておくと達成感があり、

ヤル気が出るのでおススメです♪

 

詰めたダンボール箱を置く場所なんて無いよー

という方もいますよね。

 

クローゼットの中に入っていた物は、そのままダンボールに詰める。

すると、クローゼット内もダンボールを置くことが出来ます。

 

同様に本棚の本、
食器棚の食器も、

それぞれダンボール箱が入る大きさの棚であれば詰めた後も置ける!

ダンボール箱置き場になります。

詰めた後に使いたくなった場合も、詰めたダンボールがわかるので便利です。

まとめ

  1. まず水道ガス電気会社に連絡しましょう
  2. 物を捨てましょう
  3. ダンボール部屋を決め、使わない物から詰めましょう

 

普段からいらない物を捨てておけば、

いざ引っ越しが決まっても安心ですし、やるべき項目が減ります♪

 

物が最小限になったところで荷造りを開始すれば、大変さも半減します(^^)

やることが明確になると行動しやすくなりますよね。

ヤル気も出てきたのはないですか⁉︎

 

引っ越し作業がスムーズに終わらせて、新居での生活を明るくスタートさせましょう!

スポンサードリンク