【断乳みんなどうしてる?】子ども2人に試して絶対成功したおすすめ手順を紹介!

スポンサードリンク




そろそろ断乳したいな。

断乳ってみんなどうやってるのかな。

 

あなたは、1歳を過ぎると断乳を考えていませんか?

経験談を知りたいですよね☆

そして色々な経験談の中で1番自分に合うものを実行したいですよね?

我が子2人に行って、良かった断乳のポイントをお教えします!

 

これから断乳を考えているママに!オススメしたい断乳法はこれ☆

 

【まず私の意見!】なぜ断乳が必要なのか?

「母乳が出なくなるまで、あげたらいいんじゃないの?」

これは、もちろん良いです!
WHOでは2歳まであげるのがよいと謳っているとか。
3歳、4歳と本人がやめると言うまであげてる人もいます。

飲む、というより吸ってるですね。精神安定剤のような。

私も実際に3、4歳であげている方に出会ったことはないのですが(又聞き、ネットです)
ほとんど出ていないみたいです(笑)

なめる程度かと、、やはり吸うことで安心なんでしょうね(^^)

他のご家庭のことは、それぞれ良いと思うやり方で良いと思います!

 

ここからは、私の考えなのですが…

私の子供に産まれたら(笑)、1歳過ぎたらやめる考えです!
中にはミルクと混合だったりすると、1歳前に自分で卒乳しちゃう子もいます。
でも完全母乳だったりすると、なかなかいらないってならないと思うんです。
この世に産まれてずっと飲んできたものです。

お腹空いた、眠い、不安…など

不快な時はおっぱい飲めば満たされると赤ちゃんも知っているので。

でも、離乳食も始まり普通食への移行が始まる時期です。
ご飯から栄養を摂取できるようになったらおっぱいはいらないかなと考えています。

 

私の考える断乳しないデメリットが、

・おっぱい飲んでるとお腹いっぱいでご飯を食べない。
・歯が生え始め、ふざけておっぱいを噛む、激痛!
・虫歯になる。
・おっぱいに執着しちゃう子も。

→30分に一回は自分でママの服をめくり、飲み始めるお友達がいました。

 

見ていて赤ちゃんじゃなくなってきているのだから
甘えさせる方法はおっぱいじゃないものが良いかなと感じました。

・ママが体調崩した時に薬が飲めない。
・成長するに従い、断乳しづらくなる。本人の意思も強くなる。
→イヤイヤ期に断乳は大変そう…。

などです。

やっぱり見た目でも、授乳室に幼児とママが入ってきて授乳している姿を見たら、ちょっとびっくりするかと…。

まとめると

健康とか発育を考えるとあげても全然いい。
だけど、3歳以上になって吸ってるのは見た目にも「ちょっとおかしい」

時期がきたら、断乳はした方が良いと考える理由です!

 

【ここから手順】1.断乳決行日を決める

まず、断乳決行日を決めます。

大体これくらいかなーなんて幅を持たせてはいけません!

断乳は強い意思がないとできません!!

だからこそ、「この日」と決めましょう。

なぜ強い意思が必要なのかは、これからのお話でわかります。

 

2.授乳回数を減らす

決行日に向けて、少しずつ授乳回数を減らしましょう!

なぜ減らすのか?

断乳日までしっかりいっぱいあげたいんだけど…。

お気持ちはわかります。

 

でも突然授乳ゼロにするとあなたの胸が大変なことになります!!

あなたの胸は、今まで子供のために絶えずせっせとおっぱいを作ってきました。

おっぱいの製造はいきなりやめられません。

今まで同様に作り続けられます。

 

飲んでくれる子がいなくなったおっぱいはどうなるでしょうか?

岩のようにかたくなり、ちょっとでも触ると激痛…。

子供が飛びついて来たら涙ものです!

乳腺炎にもなりやすくなります。

 

そう、授乳を突然やめるとママが辛いんです。

少しでも胸の激痛をやわらげるためにも、授乳回数を減らしていきましょう!

 

我が家の場合は、日中ほとんど欲しがらなくなったので、日中の授乳をやめました。

夜は添い乳じゃないと寝なかったので、自分の睡眠のためにもあげていました。

おっぱい大好きな子はなかなか難しいかもしれません。

でも2回を1回に…など、さりげなく減らしていきましょう!

 

3.決行したら絶対にあげない

いよいよ決行日!

普段通り過ごしましょう☆

余裕があれば、日中たくさん運動させて夜寝てくれるように持っていきましょう!

ママは、これを食べたら胸が張りやすい、というものは避けてください!

最後の授乳を終えたら断乳開始です。

 

どんなにせがまれてもあげてはいけません!

 

言い聞かせたり、気を反らせたり、ここはお子さんに合ったやり方で、とにかくおっぱいを忘れさせます!

DVD三昧もO K☆

とにかく今の目的は断乳です!

 

おっぱいがない分、お子さんの水分補給をしっかりしましょうね。

そして岩のようなガチガチおっぱいは時々絞って様子を見ましょう。(絞り過ぎはダメです。)

おっぱいのケアについては、母乳外来に行くのが安心です。

寝かしつけがおっぱいだったママさん、夜中が勝負です!

抱っこ、お茶でしのぎましょう。

せっかく寝ても何度も起きる確率大です。

 

しんどいですが、頑張って!

気持ちが折れてあげてしまっては、断乳はできません。

我が家は3日ほど泣かれました。

でも4日、5日とすんなり寝て、夜中も起きなくなりました!

その時の嬉しかったこと♪♪

卒乳した我が子はよくご飯を食べるようになりました。

顔つきもちょっと子供らしく感じましたよ♪

 

まとめ

  1. 期日を決める
  2. 授乳回数を減らす
  3. 決行したら絶対にあげない

断乳はママの強い意思が大切です!

断乳を始めたのに、可哀想、自分がしんどい…といった理由であげないでください。

子供も混乱します。

最初の大変な数日を乗り切ってしまえば、あとは楽になります!

断乳は、子供とママの親離れ子離れの一歩☆

子供の成長のために頑張りましょう!

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です