【夫が家事を手伝わない】旦那を手玉にとって雑用にも喜んで協力させる3つのコツ




旦那様にも家事を協力してもらうには?

まだ結婚を夢見てた頃、そしていざ始まった新婚生活。はじめはとにかく愛する旦那様のお世話に充実感を沢山抱いていませんでしたか?しかし結婚から数年経つと、そんな気持ちも何処へやら…。

今回はそんな夫婦間の悩みを解決へ導くお手伝いができたらいいなと思います。

 

①分担が意外と難しい。

毎日家事や育児に追われ、気がつけば夕方。妻に休日なんてありません。

365日24時間営業です。そんな中、旦那の世話なんて!自分のことは自分でして!

これこそ世の中の奥様方がみなさん悩んでいらっしゃることだと思います。

 

②あなたは完璧主義者かも?

このような悩みを抱えているそこのあなた。もしかして実は完璧主義者ではないですか?『あれもしなくては!』『これもしなくては!』『そして完璧に!』と思ってはいませんか?本当は主人にも手伝ってほしい。

しかし、『手伝って』と一言言えばいいものの、色々考えてしまい結局言えずに悩んでいる今日この頃。でも、そこのあなた!

もしかして『ここはこの掃除の仕方でこの手順でないと!』という気持ちや、こだわりも内心には実は持ち合わせていませんか?

そうなんです。主婦は時間に合わせて段取りを組み一日の予定を考えるので、それを乱されることは実はもうありがた迷惑な上にストレスさえ感じてしまいます。

 

③とにかく感謝の言葉を!

それでも毎日行わなければならない家事。

それなら愛する旦那様には自分のことは自分でしてもらいましょう。旦那様が独身時代が長い場合は、ある程度のことはやる気有無を除いて、自身で行うことは可能でしょう。

ただ、全く家事経験が無い旦那様の場合、

まずは1つずつ家事を一緒に行ってみましょう。今までしたことのない家事ですから、できなくて当然という大きな気持ちで奥様はまずは見守ってあげましょう。

はじめは失敗もするでしょうし、結局は奥様が最終的には手を出さないといけない場面も多々あるかと思います。それでもとにかく辛抱強く見守ってあげましょう。

もしここで『何でできないのよ!』

『早くしてよ!』『まだなの?』といった言葉掛けや、奥様が旦那様のしていることに対して横取りするようなことを奥様が旦那様にしてしまった場合、旦那様のやる気が一気に急降下してしまいます。

1つ1つできたことに対して『早ね!』『私よりキレイで上手!』『すごいなー』等ととにかく誉めましょう。

すると旦那様のやる気もさらに上昇し、奥様が『これして!』と言わなくても『またしようかな』といった率先する気持ちも湧いてきて、進んで自ら家事をしてくれるようになります。そして旦那様が休日に自らホームセンターへ行き、掃除用具をあれこれ手に取って選び出すという行動に出始めたら、もうお手のものです。

以上のことから分かりますように、旦那様のやる気を上昇させるのも下降させるのも、つまりは奥様次第ということなのです。

『うちの旦那は何もしてくれない』と悩んでいるそこの貴方、まずは家事を『一緒にする』『誉める』ということから始めてみてはいかがでしょうか。

親しき仲にも礼儀ありとはまさにこの事!

 

まとめ

いかがでしたか。

貴方のお宅ではどうでしょうか?

安心してください。今回のように悩んでいらっしゃるのは貴方だけではありません。

世の中の奥様方がみなさん悩んでいらっしゃることだと思います。夫婦間であっても元は他人です。親しき仲にも礼儀ありの精神で、まずは1つずつ気持ちを言葉に出し、

そして『ありがとう』という感謝の気持ちをその都度伝えてみてはいかがでしょうか。

そうすることできっと夫婦間がさらに素晴らしいものになり、何かが変わるのではないかと信じています。

スポンサードリンク