【子育て中に冷凍庫に入れるべき食材】キャベツとキノコを冷凍すべき理由




冷凍庫活用できてますか?

 

子育て中ってなかなか料理に時間を割くことって難しいですよね。

私も子どもが産まれてから、しばらくはまともな料理を作ってはいませんでした。

しかし、上手く冷凍庫を活用すれば、料理の時短につながるのではないかということに、ある日気が付きました。

そこで、私は色々な食材を冷凍してみることにしました。

そのなかには、上手く冷凍保存できたもの、できなかったものなどありました。

料理の時短も可能です。

なので、今回はそんな冷凍保存について話をしていきたいと思います。

 

キャベツの冷凍保存方法とは?

キャベツって一玉購入しても、なかなか一気に全部使うことってないですよね。

半分にカットしても冷蔵庫の中で場所を取りますよね。

しかも、毎回毎回切って料理をするのは面倒ですよね。

そんな時は、冷凍保存です。

 

方法はキャベツを洗ったら、よく水気をキッチンペーパーで拭き取ります。

そして、好きなサイズにキャベツを切り、フリーザーバッグに入れて保存します。

この冷凍したキャベツを、炒め物や汁物に使う場合は、凍ったまま調理をしてくださいね。

冷凍しているため、食感がどうしても生の時と比べると悪くなるのですが、味はそのままです。

 

なので、料理においてキャベツが元々しんなりしている焼きそばやパスタ、野菜スープなどにはとても適しています。

ちなみに、キャベツはゆでてから冷凍することも可能ですが、炒め物にはどうしても水っぽくなってしまうので向きませんので注意してくださいね。

 

キノコ類の冷凍保存方法とは?

次に、紹介するのはキノコです。

キノコって、何かと料理に使いますよね。

でも、毎回毎回切って下処理をするなんて大変ですよね。

そんな時は、冷凍保存の出番です。

 

まずは、石づきを切り、料理の目的に合わせた大きさに切ります。

そして、そのままフリーザーバッグに入れて冷凍保存すれば終了です。

キノコは、冷凍しても炒め物や煮物とどんなものでも美味しき調理することができます。

キノコは冷凍することで旨味が増しますので、むしろ冷凍保存した方がおすすめかもしれません。

ちなみに、キノコは水で洗うと栄養が逃げてしまうので要注意してくださいね。

 

まとめ 子育て中は冷凍保存が便利!

料理でよく使うことの多い二種類の野菜の冷凍保存についてご紹介しました。

・キャベツはしっかり水気をとって冷凍する

・キノコは冷凍することで旨味が増す

子育て中でも、冷凍保存を上手く利用すれば栄養ばっちりの美味しい料理が時短で作ることが可能です。

是非、冷凍保存を上手く活用して日々の生活が少しでも楽なものにしてくださいね。

スポンサードリンク