【母乳の量は簡単に増やせる!完全母乳をすすめる病院で教えてもらった母乳が出るようになる方法




やり方次第で母乳の量はラクラク増えます!

母乳にはたくさんのメリットがあるので、

できれば母乳にしたいと考えるお母さんはとても多いです。

 

でも実際は、思ったように出なくて助産師さんにマッサージをしてもらったり、

頻回授乳で乳首が切れたり・・・どっちも激痛!ほんとに痛い思いしますよね。

 

赤ちゃんは待ってくれないので母乳を断念して

完全ミルクに切り替えるお母さんは多いのではないでしょうか。

わたしも産後3日全く出なくて困りましたが、

産婦人科の先生に教えてもらった方法で完全母乳になることができました。

 

母乳の量が増えない原因

最初からたくさんでることはまれで

初めての大半の方は出産後1週間は

たくさん赤ちゃんに乳首を吸ってもらって出るようになっていきます。

1週間以降で量が増えない場合の原因は大きく2つあると考えられています。

 

①冷え性

冷え性や体温の低い方は、血行が悪く母乳が出づらくなります。

入院中はよくくるぶしが隠れる靴下を履いてと指導され、足湯を用意して頂きました。

 

②授乳回数が少ない

赤ちゃんに吸ってもらうと、

体の中で「母乳を必要としている」という命令が脳に届き母乳が作られる。

出ないからとミルクを追加しすぎていませんか?

ミルクを増やすことで満足して授乳回数が減ってしまったら

さらに出なくなってしまいます。

母乳がたくさん出るようにするには?

 

①水分をたくさん摂る

母乳は血液からできています。

1日に600ml~800ml母乳で水分が出ていくので、

お母さんの脱水症状防止のためにも授乳している期間は意識して水分を取りましょう。

 

母乳の量が増えるというハーブティもあります。

私はハーブティ苦手だったのでルイボスティーをずっと飲んでました。

 

②身体を温める

はらまき・締めつけの少ない靴下・ホッカイロ・足湯など、

とにかくなんでも利用して身体を冷やさないようにしましょう。

 

糖質は身体を冷やします。

炭水化物や甘いものの食べ過ぎには気を付けて。

ご飯の量は半分以下にして、その分、

たんぱく質・脂質・お野菜・発酵食品をたくさん食べてください。

 

それで身体はガンガン温まります。

③頻回授乳をする

お母さんには辛いですが、1日10回前後授乳してみてください。

その時必ず乳輪が見えなくなるくらい深くくわえさせるのがポイントです。

その時に口の形がアヒル口になっているのかをチェックしてください。

母乳は乳首ではなく乳輪を押すととでてきます。

赤ちゃんの口がまだ小さいうちは深くくわえさせると嫌がって泣くと思いますが
続けていくと飲んでくれるようになりますよ。

さらに、深くくわえることで乳首が切れるのを防ぎます。

 

まとめ

  • ①水分をたくさん摂る
  • ②身体を温める
  • ③頻回授乳をする

他にも、食事を規則正しくお米をたくさん食べる事や、

肩・腕周りを回してストレッチをするなど方法は他にもありますが、

一番大事なのはひとりで悩んでストレスをためない事に尽きると思います。

 

母乳にこだわりすぎて赤ちゃんが体調を崩してしまっては本末転倒です。

出なくても授乳回数を増やしつつ、
ミルクを補足していれば赤ちゃんも栄養失調になることはありません。

 

体重の増減をチェックしながら、ミルクは徐々に減らしていけば大丈夫ですよ!

追い詰められると人はネガティブになります。

そんなときは母乳外来で話を聞いてもらうこともおすすめです。

スポンサードリンク