【出産してから母乳がほとんど出ない】赤ちゃんが吸わなくても母乳が増える方法

スポンサードリンク




あなたは「母乳が全然でない」と悩んでいませんか?

 

赤ちゃんが無事に生まれ、すぐにお乳を欲しがる姿に人間の神秘性を感じ、感動してしまいます。

しかし、意外にもこの授乳が最初は難しいのです。

乳を欲しがる我が子。

待ってて、母ちゃん頑張るから!と意気込むも苦戦の連続…なんてことあったりしませんか。

私はありました。

なので、私が試した3つの方法をご紹介しました。

これで授乳の時間をラクチンにしましょう♪

 

乳よ出ろ!私と息子の乳日記

保湿クリームを塗って抱き方を色々変える

赤ちゃんの吸引力は想像ごえのパワーです。

有難いことに元気に乳を欲しがり、

上手に吸っている息子。

生まれた日はまだ出の悪い乳を一生懸命に吸ってくれました。

助産師さんから上手ねと褒められるくらいです。

3日目、私の吸わせ方が浅かったらしく、乳頭のつなぎ目が

両乳とも切れてしまい、授乳の度に激痛が走るようになってしまいました。

助産師さんのアドバイスで深く咥えさせてり、

いろんな抱き方で方向を変えて授乳しました。

保湿クリームをしっかり塗り、

あれやこれやでなんとか授乳。

息子の吸引力は乳首をもぎ取るんじゃないかの想像ごえのパワーでした。

 

毎日出すことが大事。3日休むとめちゃ出にくい

痛さに耐えられず授乳を少し休んでミルクを足すことに。

乳頭の境目が白っぽくなり、いよいよ傷っぽくなってしまい、

衛生面も心配でした。

しかし乳は休むと分泌が悪くなります。

産後すぐだと赤ちゃんに吸ってもらうことで子宮の収縮に繋がるので、

母乳の出が悪くても1日1回は赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうようにと、

助産師さんに指導を受けました。

人間の体の仕組みって本当に神秘的です。

傷が酷すぎて3日間集中して乳首の治療をすることにしました。

しかし悲しいことにこの判断が、

乳の出を悪化させてしまったのです。

おっぱいを吸ってもらうことは大事です。

ホルモンが分泌され、母乳が製造されます。

母乳を出したい人は出来る限り、

赤ちゃんに吸ってもらいましょう!

 

1リットル以上の水と、おかずたっぷりの食事で母乳は蘇る!

分泌が悪くなった母乳を復活させるためにいろいろ試しました。

まずは水分を沢山とることが大事です。

食事以外でも1リットル、夏場だと2リットルを目安に取るといいそうです。

ただし身体を冷やすもの、糖分が高いもののとりすぎは、

体によくないので控えましょう。

 

次に、食事で栄養をよくとることです。

お米(炭水化物)に偏りすぎず、タンパク質・脂質・ビタミンミネラルを意識しましょう。

 

あとは出来るだけ睡眠をとり、正しい姿勢で授乳をし、

リラックスして授乳タイムを楽しく過ごすと、

良好な母乳へと繋がっていきます。

いい母乳のためには、

まずはお母さんがいい環境作りを心がけましょう。

 

まとめ:母乳は求めれば応えてくれるはず

  1. 保湿クリームを塗って抱き方を色々変える
  2. 毎日出すことが大事。3日休むとめちゃ出にくい
  3. 1リットル以上の水と、おかずたっぷりの食事で母乳は蘇る!

 

授乳が上手くいかずストレスになっていたらまずはリラックスをしましょう。

お母さんの健康あっての母乳です。

疲れた時はミルクに助けてもらったりしたらいいんです。

無理なく愛おしい授乳タイムを過ごしましょう。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です