【1週間便秘】お通じがこなくてパニックだった私が全部試したこと3つ!




毎朝、出るものがでないとなんとなくお腹が張って、一日が辛いですよね。

そんなあなたに便秘がひどかった私がやったことを全部お知らせしますね

 

便秘になった時のデメリット

お腹が張るだけでなく、お肌の調子も悪くなってしまい、

気分もふさぎ込みがちになりますよね。

またもっと酷くなると、便秘がきっかけで病気を起こしてしまうこともあります。

くれぐれもたかが便秘と侮らずに対処していきましょう。

 

便秘になって気を付けていた事

 

1.お尻にワセリンを常日頃から塗る!

前もってお尻にワセリンや馬油などを塗って、保護をしておくことです。

そうすることで患部が切れるのをある程度防ぐ事ができますよ。

 

☆朝一発目に冷たい水をコップ一杯ごくごく飲んで快調快便!

これは朝から起き抜けに冷たい水をごくごく飲むだけなのですが、

空腹に冷たい水が入ると、胃腸が刺激されて動き出します。

早い人で10分もすればトイレに行きたくなるでしょう。

 

2.バナナ黒酢で快調快便!

雑誌やテレビでも取り上げられていますが、

バナナの持つ食物繊維やペクチンなどが便秘に良いです。

ダイエットにも効果がありますよ。

 

作り方

  1. バナナを1、5cmに切る
  2. 黒糖・酢に漬ける
  3. レンジで30秒加熱する

一晩置いて出来上がりです。

そのまま飲んでもいいし、スムージーなどにしてもおいしくいただけます。

またヨーグルトなどにかけても美味しいですよ。

 

3.ヨーグルト+オリゴ糖で快調快便!

空腹時にヨーグルトにオリゴ糖を掛けて食べる

腸内の善玉菌が増え、腸内環境が良くなりますので、便秘が解消されます。

 

ヨーグルトの整腸作用は割と早めに、オリゴ糖の整腸作用はゆっくりめに働きます。

こういった相乗効果で便秘に効果があると言うわけです。

 

食事で気を付けていた事は、水溶性食物繊維が入っているもの

(納豆 海藻類 こんにゃく 林檎など)を食材として使う

 

お茶はマグネシウムが豊富なルイボスティを飲んでいましたよ。

またおやつ代わりにヤクルト400などを飲んでいました。

 

友人の中にはスリムドカンの1日分を1回で飲むというつわものもいました。

私はさすがにそんなことはできずにおとなしくオリゴ糖に頼っています。

 

病院から薬をもらうという手段もあるのですが、

まだ薬には頼りたくないので、できるだけ自分で出来ることをやりましょう。

 

まとめ

  1. お尻にワセリンを常日頃から塗る!
  2. バナナ黒酢で快調快便!
  3. ヨーグルト+オリゴ糖で快調快便!

いかがでしたか?便秘は体には良くないばかりか、病気の元になるようですよ。

便秘は万病の元、体の中から綺麗にして、お肌もつるつるになりましょうね。

あなたにも明るい未来が待っていますよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク