【SNS映えな赤ちゃんの撮り方】プロ直伝!子どもを10倍可愛く撮れるスマホカメラ丸秘テク3選!

スポンサードリンク




赤ちゃんを撮りたいけど、動くしなかなかいいタイミングで撮れない!って悩んでいませんか?

 

この瞬間が撮りたい!と思っても赤ちゃんは止まってくれません。

言うことを聞いてくれる年齢ならまだラクなのですが、0~3歳児を撮ろうと思うともちろんじっとしていないし、泣き始めたり、カメラを触ろうとしたり・・・。

私も写真は残したいけど撮るのはそんなに上手い方ではありませんでした。

子供の成長は早いからこそ、たくさん写真はとっておきたいもの。

お宮参りの時に、赤ちゃんの写真を専門に撮るプロのカメラマンの方に聞いて実践してみたところすんなりかわいい写真を撮らせてくれました!

やっぱりかわいい写真をたくさん残してあげたいという方にはぜひ参考にしていただきたいです。

ちょっとしたテクニックでさらに可愛く撮れるようになりますよ!

 

【写真を残しておくメリット】スマホでOK! 絶対思い出になる

子育ても落ち着いてきたとき、赤ちゃんの頃を思い返すと意外と覚えていないというお母さんは結構おられます。

子育てってほんとに忙しいし、あっという間に成長しますよね。

そんな時に、写真を見るとその時のことを思い出させてくれます。

さらに大きくなった時に、赤ちゃんの頃の写真を一緒に見るのも楽しいし、お子さんが結婚式などで写真を使う可能性だってあります。

写真は残していくと溜まるから処理がめんどくさい、置き場に困るという方は、データで残す事ができるので大量に撮っても処理は楽チンです。

 

【SNS映え間違いなし】プロから学んだ3つのカメラ術

 

1.1回に賭けるのではなく連射撮影

赤ちゃんって常に動いてて、ここだ!と思ってシャッターを押してもよくブレます。

プロの方が何枚も写真を撮るように、何回も写真を撮ってみましょう。

数打ちゃ当たるのです・・・。(笑)

時には連射撮影を使ってもOKですし、カメラは向けたまま、直接赤ちゃんと目線をあわせて話しかけながら撮ると笑ってくれる確率もグンと上がります。

 

2.赤ちゃんの目線をカメラよりやや上にもっていく

赤ちゃんをカメラ目線で撮りたいときは、カメラの上に気を引くためのおもちゃを置いたり揺らしたりしてみましょう。

大人でも、上目遣いをしたときは目が大きく見えますよね!

それと同じで、ほんの気持ち目が大きく見えるのでかわいさ倍増です。

なかなかおもちゃを見てくれないときは、近くでおもちゃを見せて気を引いたところでそのおもちゃをカメラの上の方に持っていきます。

そうすると、目線も追いかけてカメラの方を向いてくれますよ。

 

3.【自然光も逆光も利用できる】光の取り入れ方を使い分ける

自然光を使うと、スマホでもキレイな写真が撮れるというのは有名なテクニックです。

顔の正面から光を当てるのは寝ている赤ちゃんには難しかったり、まぶしくて目を閉じてしまったりすることありませんか?

たまには、暗くなるからあまりよくないイメージの「逆光」で撮ってみるもの一つのテクニックです。

赤ちゃんのシルエットが独特の影で表現できるので、一味違う印象の仕上がりにすることができます。

 

まとめ

プロ直伝!かわいい赤ちゃんをさらに可愛く撮るテクニック

  1. 「1回に賭けるのではなく連射撮影」
  2. 「赤ちゃんの目線をカメラよりやや上にもっていく」
  3. 「光の取り入れ方を使い分ける」

 

上記で書いたように、子育て中は忙しいので、簡単にできるものだけ紹介しました。

この3つを組み合わせて実践して頂ければ、いままでより確実にお子さんを可愛く撮れます!

どの時期も成長したら見れなくなってしまいます。

今しかない時期だからこそ、ぜひいろんな表情をたくさん可愛く残してあげてくださいね。

スポンサードリンク