【服選びが決まらない】もう迷わない!アラサー自分に似合うコーデを見つける3つの方法!




テンション高めにルンルン気分で購入してきた

 

なのに、いざ着ようと思ったら

自分に似合う服のコーディネートが分からなくて、適当になってしまった。

 

いろんなシチュエーションを楽しみたいけど、服をこれ以上増やすのはちょっと。。

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

クローゼット、いつもどうにかしなくちゃ!!

と思いながらも結局家に帰ると面倒臭くなって明日また考えればいいや・・

 

なんて、後回しにしちゃってるあなたに「とっておきの方法」を教えちゃいます。

 

この悩みが解決したら、

 

・目標を持ってコーディネートが出来るから、毎日オシャレするのが楽しみに。

・手持ちの服から自分のタイプを選べる判断力がついて、苦手も克服出来ちゃう。

・スペースの無駄を無くし、お金の無駄遣いも減るからお気に入りの服が買えた。

 

なんて素敵なことばかり。ぜひ試してみて下さい!!

その1 服選びの究極のコツは「自由自在の着回し」

 

まず課題とゴールを決めることから始めましょう。

これが決まっていると、どう改善していったらいいか、

自分はどうなりたいか明確になるので行動しやすくなります。

 

例えば課題は、

 

いつも1パターンの着こなしで、同じ格好になってしまう。

・時間がなく、昔買った服をそのまま着てしまうので無理して見られがち。

・安いという理由で買ってしまって、その後どう着こなしていいか分からない。

 

 

それに対してのゴールは、

・コーディネートの幅が広がり、色んなパターンで着こなせるから選ぶのが楽しい。

・年相応でもおばさんぽくならない、上品で女性らしいお洒落が出来る。

・自分のタイプと違う服でも、組合せ次第で着こなしが可能に。

 

というように、自分は、こうなりたいという目標を立てる事が大事です。

 

どこか旅行に行くにしても、目的地がないといつまでたってもたどり着かないですよね。

まずはこのゴール地点を決めて、意識して行動する事でお洒落に自信を持ち、

自分に似合うコーディネートが出来るようになります。

 

その2 あなたに似合う服や色は「骨格診断とパーソナルカラー」が参考になる

 

骨格診断”と“パーソナルカラー”をもとに診断していきます。

簡単に説明すると、

 

骨格診断・・・

持って生まれた体の「質感」「ラインの特徴」から
自分に似合うデザイン・素材を導き出す方法です。

診断結果は「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプに分類されます。

 

パーソナルカラー・・・

生まれ持った「肌・目・髪の色」などから、
自分に似合う色を導き出す方法です。

診断結果は「スプリング」「サマー」「オータム」「ウィンター」の4つに分かれます。

 

診断結果によって、似合うデザインやカラー、着回しが各々違って来ます。

これらの掛け合わせで、全部で12パターンの似合うコーディネートがあるんです。

 

ちなみに私の診断結果は、「ストレート」×「オータムタイプ」でした。

ストレートタイプ

・首から胸元にかけて深く開いているVネックなど、直線的でシンプル、ハリのあるデザインが似合う。

オータムタイプ

・イエローベースでベージュ系の肌、深みのある落ち着いた色や、ゴージャスで大人っぽい雰囲気のカラーが似合う。

 

ストレートタイプとオータムタイプの掛け合わせのパターンは、

 

・カラーで合わせると、

バニラホワイトのやわらか系トップス+ブラウンシュガー・ブルーブラックなどのボトムス

 

・似合う形で合わせると、

しっかり素材のハリのあるジャストサイズのシャツ+ストレートパンツ・タイトスカート

 

というように、アイテムの色や素材・デザインを組合せる。

すると、自分にしっくりくるコーディネートが可能になります。

その3 手持ちの服を選ぶポイントとNG

 

自分の手持ちの服を整理してみましょう。

手持ちの服をすべて出して、一枚ずつチェックしていきます。

こうする事で
・自分に似合う骨格・カラーのアイテム

・デザイン、カラー

が身に付いてきます。

 

カラーチェック・・・

その服を着た時に肌がくすんだり、ボヤけていないか?

分かり易い判断方法としては、

自分のパーソナルカラーが分かるカラーチップやスウォッチがあると便利です。

 

※おすすめはアイテムは、こちら 「AIS スウォッチ‐HA ¥750」 単品

 

ハンディーサイズなので持ち運びに便利で、
値段も手ごろなのでこういったものがあるとすぐ判断出来て重宝します。

 

骨格チェック・・・

骨格診断のチェックを参考に自分の骨格シルエットに合ってるかどうか確認します。

また骨格スタイル協会のサイトで、
詳しい内容や自己分析が無料で出来るチェックシートがあります。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

http://www.kokkaku.jp/

 

手持ちの服は4種類に分けましょう。事業仕分けです。

  1. ・カラーと骨格が合っていればあなたに合っている服 —————— ◎A
  2. ・カラーはあってるけど、骨格が合ってない場合   —————— △B
  3. ・骨格はあっているけど、カラーが合ってない場合  —————— △C
  4. ・カラーも骨格もどちらもあなたに合ってない服   —————— ✕ Ⅾ

 

Bタイプの場合、ベーシックでAの服と合わせやすい場合は残しても大丈夫です。

 

例えば、ストレートタイプの苦手な「ボリュームのあるふんわりブラウス」

着太りして見えそうで難しそうです。

でも胸元を開けてスッキリさせる事で、着こなし可能になります。

 

Aのボトムスは、タイトな物にしてシルエットをIラインに。

 

NGポイントとしては、デザインが特徴的でAの服と合わせにくい場合は処分しましょう。

 

Cタイプの場合、スタイルは良いけど、顔映りがよくないので出来れば処分しましょう。

ただ、こちらもベーシックでAタイプの服と合わせやすい、
また顔から離れているボトムス、
面積が小さいものならOKです。

 

似合うか似合わないかの判断基準

顔まわりに近いトップスやスカーフなどの影響を受けやすいため、

顔から離れた場所や、
似合うアイテムで馴染ませれば、

自分のタイプと違っても大丈夫です。

 

Dタイプは、

色が自分カラーとは違って派手だったり
着方に迷ってしまうような服です。

こちらは思い切って処分してしまいましょう。

 

これならできる!「思い切って服を捨てる決心」

 

ただ捨ててしまうのは勿体ないという人は、処分方法として

  • ネット買取り
  • フリマアプリ
  • 古着屋で売る
  • リサイクル回収
  • 寄付

などの方法もあるので、自分の納得する方法を選んでみましょう。

 

とは言ってもほとんど着ていない服を処分する決心がつかない・・・。

そうですよね、今まで捨てられずいつか着ようと思って持っていた服なのですから、

でも、こう考えるとどうでしょうか、

この着ないで持っているだけの服に月いくら払っているのだろう。

 

着ない服にもスペース代で家賃が掛かっているんです。

試しに月いくら掛かるか計算してみましょう。

 

<例> 1K 一人暮らし 家賃5万

 

着ない服の量は段ボールで0.5畳分、家が1Kだから6畳くらいで計算すると

5万÷6畳=8333.3… これを半分にすると、4166.66…

4,167円分くらい、掛かってるんですよ。

 

このスペースに勿体なくないですか!?

 

このスペースにかかる金額で、お気に入りのトップスやボトムすぐ買えちゃいますよね。

 

手放す事に悩んだらぜひ、着ないで持っているだけでも無駄遣いしてるという意識をもちましょう。

 

まとめ

・まずは自分の課題、こうなりたいというゴールを決める。

どう改善していくか、何を目指すか、意識して行動する事で自分に似合うが可能になる。

 

・自分に似合うコーディネートのポイントは「骨格診断」と「パーソナルカラー」

パーソナルカラーのスウォッチや、骨格診断の自己分析シートも積極的に取り入れよう。

 

手持ちの服が自分のタイプと違っても、合わせ次第で救済可能

ただし、着ないで持っているだけでもスペース代は掛かる事は忘れずに。時には思い切った処分も必要。

 

雑誌やネットショッピングなどで「いいな」と思うコーディネートがあったら?

そのアイテムをすぐ購入するのではなく、
手持ちの服で同じような色やデザインを組合せてみるのはいかがでしょうか。

 

そうする事で無駄買いの予防になったり、
自分にあう素敵な組合せが可能になるはずです。

スポンサードリンク