【赤ちゃん連れでディズニー】意外とたくさん!助かるオムツ交換&離乳食スポット




あなたは「赤ちゃん連れでディズニーに行こうか」悩んでいませんか?

 

ディズニーにいきたい!!

けど、赤ちゃんってディズニーに連れていけるの?

そんな疑問を持っているお母さんはたくさんいるはず。

 

せっかく行くディズニーランドです

赤ちゃんの体調を気にして、

  • お昼寝のことや、
  • オムツ替え、
  • 水分補給にミルクまたは授乳

 

…あれやこれやで疲れそう。

しかも1人目なのでちょっとしたことが気になります。

 

私も産後落ち着いた頃からずっと考えていて、

1歳5ヶ月のときに連れていきました。

心配だったのはオムツ交換と離乳食だったので、

今回はこの2つに絞って安心要素を増やしておこうと思います!

 

【大検証】ディズニーは赤ちゃんに優しい環境か?!

 

1 オムツ&離乳食編 一番頼りになるのはベビールーム

ベビールームは子連れご家族の見方!

提供は明治となっています。

室内はベビーカーのまま入ることができ、こんな↓施設です!

オムツ換えスペース、授乳スペース、大人用トイレ、赤ちゃん用品(ベビーフード、粉ミルク、オムツ、ベビーカー用レインカバーなど)の販売スペースがあります。

ミルクを作る用のお湯もありますし、電子レンジだってあるんです。

オムツ交換スペースは回転率がよく、並んでいてもどんどん進んでいきますよ。

子どものオムツ交換OK!

で、その後は自分もトイレにいきたい という流れになると思うのですが…

赤ちゃんをベビーカーに乗せた状態じゃトイレにいけないですよね。

けど、ベビールームのスタッフは私がトイレに行く間、

ベビーカーに乗った子どものことを見てくれました。

なんて親切なんだろう…!!!

感動しました!

2 オムツ編 おむつ交換台があるレストルーム

ベビールームの素晴らしさをお伝えしましたが、

少し離れた場所にいることだってありますよね。

そんな時は近くにある普通のレストルームの入ってみましょう。

場所にもよりますが、だいたいオムツの交換台がついていますよ。

トイレのために長蛇の列ができているかもすが、

オムツ交換台はトイレとは別なので列の横を通って中に入っていきましょう。

で、オムツ交換台に並んでいる人がいたらその列に並べば良いのです!

赤ちゃん連れだと、障害者用の広いトイレに並ぶ?と思う方も多いと思いますが、

普通のトイレだって快適ですよ。

 

3 離乳食編 各レストラン

赤ちゃんが授乳をする場合はベビールームでOKですが、

離乳食が始まっていると何食べさせようか悩んでしまうと思います。

大人と同じものを食べられるようになる前だと、より困ってしまうんですよね~。

そんな時は…

ベビーフードを持ち込むか、ベビールームで購入をして食べさせましょう。

ハンバーガーショップで、

「ベビーフードを温めたいのでお湯をいただけますか?」

と質問したところ、

カップにお湯を入れて持ってきてもらえました。

とっても親切!!!

 

ベビーフードをそのままカップに入れて温かくなったらいただきます!です。

各レストランでもお願いをすれば意外と対応してもらえますので、

困ったときには声をかけてみましょう。

まとめ 赤ちゃんも安心!ディズニーにGO!

  1. ベビールームでオムツ交換からミルク、離乳食まで全面カバー
  2. 普通のレストルームにもオムツ交換スペースがたくさん
  3. 各レストランでも無料でお湯の提供あり

オムツ交換、ミルク用のお湯、離乳食まで揃います!

安心して赤ちゃんも連れていけますよ。

1歳未満だと、基本的に抱っこでの乗り物ライドはできないと思います。

係員の人が「お子様は一人で座らせてください」といいます。なので、1人で乗れない乳幼児は厳しいですね。

 

私は1歳5ヶ月の赤ちゃんを連れていきましたが、暗闇や大きな音を怖いと感じるより前だったので、10個くらいアトラクションに乗れちゃいました!!

 

 

スポンサードリンク