【3歳児の防寒対策】異常に寒くて風邪ひいちゃう?今すぐできる子どもの防寒術

スポンサードリンク




【子育てママさん必見】まだまだ続く寒い日々に今すぐできる子どもの防寒術

あなたは「子どもの防寒」に悩んでいませんか?

 

寒い日が続き大人でも防寒に気を使いますよね…

子どもならなおさら寒いのも暑いのも、はっきり主張ができないので気にかけ調節してあげる必要があります。

 

  • 「寒いと思ってたくさん着せたら汗だくだった」
  • 「逆に少し薄着にしたら体が冷たい」

小さな子供はまだまだ体温調節がうまくできないので私たち以上に防寒対策が難しいものです。

そこで今回は子育て中のあなたにおすすめしたい防寒対策法をご紹介します!!

アイテムを買い足したりしなくていいので今日から実践できます☆

ぜひご覧ください♪

 

今すぐできる子どもの防寒におすすめの3つの方法

 

その1.重ね着をさせる

やっぱり寒さをしのぐためには着込むことが大事ですよね!

でもここで重要なのは脱ぎ着させられるように着込むこと!!

子供はすぐに体温が上がりますしよく動くのですぐに汗だくになってしまいます。

もし暑くなってしまったときには程よく着ている枚数を減らすことが必要ですよね。

そうなった場合、脱いだら肌着だった…ということやズボンとの組み合わせがおかしい…なんてことありませんか??

子どもの遊び場で「あら、うちの子だけなんか服が…」なんてことはできるだけ避けたいですよね(笑)

そうならないためにもオシャレに重ね着をさせましょう!!

いわゆるレイヤードスタイルってやつです☆

ニットの下にシャツを着たり、ワンピースの中にフリル襟のトップスを着てデニムを合わせたりとバリエーションは様々です!

一枚脱いでも可愛く、暖かさを調節できるのでとてもおすすめの方法です♪

大人と同じように子どもにもおしゃれなレイヤードスタイルを楽しませてあげましょう!!

 

その2.裏起毛アイテムを活用する

最近増えている裏起毛のアイテム

とても暖かく手触りもいいので個人的に大好きです♪

子供服にも種類が多く、トップスをはじめジーンズやレギンスなどのボトムも裏起毛のものがあります。

重ね着をすることも防寒としてはいいですが、中には何枚も服を着せると嫌がる子供や、重ね着をしたときの少しのきつさが嫌な子も多いですよね。

そんな子には肌着のうえに一枚着せるだけで暖かいこの裏起毛アイテムがぴったりです!!

また、ボトムに裏起毛を取り入れれば一枚で防寒ができるので

オムツ替えのときも楽ちんですしつなぎのアウターを着ない子どもにもおすすめです♪

裏起毛アイテムをうまく取り入れ暖かい冬を過ごさせてあげましょう!

 

西松屋の裏ぽかシリーズのトップスはサイズも多いし、デザインも可愛いのでおすすめです(´˘`)♡

値段も798円くらいでお買い得ですよ♪

 

その3.アウターで調節する

公園で遊ぶ時や屋外に長くいるときはアウターで調節してあげましょう。

外だと結構体が冷えてしまうので気温と用途に合わせてアウターを着せてあげましょう!

また、私が気をつけているポイントなのですが

抱っこ紐に長く入っているお子さんの場合で外に出かけるとき。

そんな時にはロンパースのものを着せています!

抱っこ紐に入っていると足がずっと出た状態になりますよね?

その状態って足先だけでなく太ももやふくらはぎのほうまで冷たくなってしまうんです。

上半身はママとくっついていて暖かいですが下半身は冷え冷え…

そうならないためにも足先まであるロンパースタイプのアウターをおすすめします☆

ブランケットなどをかけるのもいいですが結構邪魔になりがちだし気づくと足が出ていた!なんてことも。

ロンパースタイプならそんな心配もなくホカホカです☆

デザインも豊富で選ぶ楽しみもあるのでいいですよ♪

 

まとめ:おしゃれに機能的に防寒して寒い冬を乗り切りましょう!!

  1. 「重ね着をさせる」
  2. 「裏起毛アイテムを活用する」
  3. 「アウターで調節する」

スポンサードリンク