【産後女を捨ててる】子育てしながらのオシャレのハードルを低くする3つのポイント




あなたは「ママになってからのオシャレ」に悩んでいませんか?

 

「ママになるとオシャレができない」と思っていませんか?

まだ頻回授乳をしている乳児のいるママには無理を言いません。

でも、夜寝れるようになってきて少し余裕の出てきたあなた。

そろそろ言い訳を辞めましょう!

今のあなたは今だけです。

今しかないキレイさを活かさないともったいないです。

でも、子供がいない時とのオシャレとはまた違うはず。

以前より自分の時間とお金も余裕が無くても、キレイになれます☆

 

ママだってオシャレに!子育てしながら小綺麗にいるための3つの方法

 

1.諦めちゃダメ!朝10分の身だしなみをするだけで全然違う☆ママがキレイだと子供も旦那さんも嬉しい☆何より自分の気分が上がります♪

子育てが大変過ぎて、「自分にかける時間はない」と諦めていませんか?

独身の頃のように、バッチリメイクにキメスタイルを、なんて言いません。

でも、やっぱり身だしなみは大切です。

見かけだけではなく、気持ちも前向きになります。

すっぴん、ボサボサ頭、部屋着はやめましょう!

清潔感を感じさせることが大切です(^^)

◯メイク、ヘア、服装を朝起きたら10分で☆

ベースメイクをしましょう!

下地にファンデーションにパウダーに…が面倒ならBBクリームやCCクリーム一つでOK♪

眉毛を描いたら終了!

余裕があればチークを!

顔色が良く、肌がキレイに見えます。

髪はまとめるか、ブラッシングしましょう。

飾りのついたヘアゴムやクリップにすればオシャレな雰囲気に☆

帽子も1段階上のオシャレになります!

今は保育士のいる美容院も増えています。

髪がキレイだと若々しくなりますよ。

パジャマにブラトップは頻回授乳の赤ちゃんがいる時だけで卒業しましょう!

カットソーにジーンズで良いんです☆

着替えることで気持ちの切り替えができますよ。

 

2.「安い・動きやすい・汚れて良い・季節に対応」が子育てにベストな服!今だけの服装を楽しみましょう☆

そうは言ってもせっかく整えても…

子供に汚される。

お金はかけられない。

わかります。

子育てにベストな服装は、

安い

動きやすい

汚れて良い

暑さ・寒さに対応したもの

です!

今だけと割り切って、子供に全力で対応できる服装にしましょう☆

あなたが好きだったブランドは少しの期間お休みします。

旦那さんがお休みの日は、少し良い服やヒールを復活させる、などメリハリをつけましょう!

でも低価格ブランドだってオシャレはできます(^^)

組み合わせやカラーを考えたり、少し流行を取り入れてあなたの好きなスタイルをしましょう♪

今はママ芸能人がたくさんいます!

ブログやインスタグラムをチェックしてみると参考になりますよ☆

 

3.子連れショッピングはショッピングモールがオススメ!キッズスペースで気分転換させながら、ママの買い物に付き合わせちゃいましょう☆ネットショッピングも上手く活用して♪

「子供連れのショッピングは大変」

「服なんて選べない」

赤ちゃんのうちはお昼寝の間にできますよね。

でも2〜3歳の時期はスーパーの買い物だってやっとです。

ショッピングモールで、子供を遊ばせつつ買い物をしましょう!

キッズスペースなどで遊ばせて、少し疲れた頃にカートに乗せましょう。

オモチャなどを持たせている間にショッピング!

飽きてきたら遊ばせる、など気分転換を挟むなどしましょう。

3歳過ぎると、少し話も通じるようになってきます。

「ここで遊んだら次はママのお買い物させてね」

など、言い聞かせることもできるようになってきます。

ショッピングモールは広いので子供の運動にもなります♪

キッズ服も展開しているお店ならキッズスペースがあるお店もあります。

(グローバルワーク、3can4onなど。店舗によります。)

ネットショッピングも上手に活用しましょう!

今は服のサイトがたくさんあります。

ブランドオリジナルのサイトから、各種ブランドを取り扱ったサイトなどがあります。

(ZOZOTOWN、ベルメゾン、titivate、GLADDなど)

自分のお気に入りサイトを見つけ、時間が空いた時にチェックするのも楽しいですよ♪

 

まとめ:

  1. 「諦めちゃダメ!朝10分の身だしなみをするだけで全然違う☆ママがキレイだと子供も旦那さんも嬉しい☆何より自分の気分が上がります♪」
  2. 「「安い・動きやすい・汚れて良い・季節に対応」が子育てにベストな服!今だけの服装を楽しみましょう☆」
  3. 「子連れショッピングはショッピングモールがオススメ!キッズスペースで気分転換させながら、ママの買い物に付き合わせちゃいましょう☆ネットショッピングも上手く活用して♪」

 

母親は自分のことには構わずに子育てするのが美徳のように捉えられていたのは、昔の話ではないでしょうか。

私は母親がオシャレをしている時が好きでした。

普段の母も好きだけど、綺麗にしていると嬉しかったです。

子育てをしていてもあなたはあなたです!

自分にも手をかけていきましょう☆

スポンサードリンク